癌は転移をする可能性もあるので注意を~癌退治&ヘルスゲット!~

nurse and doctor

肺腺がんの検査内容

メリットの大きい検査が出来ます

nurse

肺腺がんは女性にも多い肺がんで、喫煙習慣との関連も比較的薄いとされています。こういった肺腺がんの検査で現在広く用いられているのが、ヘリカルCTです。ヘリカルCTは、肺野部分に発生する肺腺がんの検査では主要な選択肢となっています。ヘリカルCTを受ける場合にかかる費用は、造影剤を使用しないケースでは約4千円です。造影剤を使用すると若干費用は高くなり、約7千円程となります。 ヘリカルCT検査は通常のレントゲン検査に比べると費用がかかりますが、得られるメリットが大きいだけに肺腺がんの検査では多く行なわれる検査となっています。詳細な検査データを得ることが出来るため、一度で効率の良い検査が出来る方法なのです。

検査精度の高さが人気の一因です

ヘリカルCTは通常のCT検査と異なり、組織をらせん状に撮影していくという特徴があります。この方法だと画像が細かく途切れることがないため、より正確な検査が可能になる訳です。連続した画像が観察できることで、細かい病変も発見しやすくなります。ヘリカルCTは、他の検査に比べて精度の高い検査が出来るとして現在人気があるのです。 また、これまで肺のCT検査で必要だった細かい息継ぎが、ヘリカルCTの場合には必要なくなります。そのため検査に伴う体の負担も大幅に抑えられるのです。検査時間も短くて済み、様々な点でメリットの大きい検査となっています。肺腺がんの場合MRIでも発見が難しいことがあり、ヘリカルCTが活躍しているのです。