癌は転移をする可能性もあるので注意を~癌退治&ヘルスゲット!~

nurse

完治して油断は禁物です

nurse

癌は再発や転移の確率が非常に高い病気です。転移してしまうと手遅れになってしまうケースが多いのです。完治したと安心するのではなく、再発するものだと警戒して日頃の食事などの生活習慣を改善するように努めなければなりません。

Read More

悪性腫瘍をやっつける

骨の切除が基本となる

nurse

骨肉腫は骨に発生する悪性腫瘍です。はじめは鈍い痛みがある程度なので、発見が遅くなりがちです。しかし進行すると患部が膨らみ、周囲の骨や筋肉を壊していきます。肺に転移しやすく、転移すると治療が難しくなります。転移前に治療できれば、5年生存率は70%ほどになっています。 昔は骨肉腫といえば、腕や脚を切断するのが一般的でした。しかし現在では、よほど重症でない限り、四肢を温存したまま治療できるようになっています。その場合でも患部の骨を切除する必要はありますが、人工骨や人工関節を使用することによって、日常生活に支障をきたさない程度に回復できます。また骨肉腫には放射線治療が効きにくい一方、抗がん剤は効きやすいので、手術と共によく用いられます。

失った骨を埋める方法

骨肉腫で骨を切除した後には、多くの場合人工骨や人工関節を埋め込みます。これらは人工物なので劣化しやすく、数年ごとに再手術をして交換しなければなりません。そこで人工骨のかわりに、自分の骨を移植する方法もあります。こちらは長持ちする反面、骨を取り出す手術が必要で、体への負担が大きくなります。 進行した骨肉腫では、やはり四肢の切断が必要になります。膝の上の部分で脚を切断した場合、膝から下は義足をつけることになります。このとき膝をスムーズに曲げるために、回転形成術という手術があります。これは自分の足首の関節を移植して、膝の関節の代用にする方法です。人工関節より耐久力があるので、消耗しやすい膝関節には適した方法です。